豊かな日々を支え、
資産価値を守る優れた躯体構造。

  • 杭基礎(場所打ちコンクリート拡底杭)

    地盤面から約25〜27mの安定した支持層へ杭を打ち込み、建物を強固に支持。建物の安定性を高めています。

  • 溶接閉鎖型フープ筋

    柱の主筋を束ねる帯筋は、溶接閉鎖型帯筋を採用。両端を全て溶接・閉鎖することで、主筋をしっかり固定し、地震による柱型の座屈や圧縮強度の増大に役立ちます。(一部除く)

  • ダブル配筋

    主要な壁は、格子状に組んだ鉄筋をコンクリートの中に2列に組み立て、より強い耐力を発揮します。(一部除く)

  • 住戸外壁・戸境壁

    外壁の厚さは約150mm〜約220mmを確保。また住戸との住戸間を仕切る戸境壁は遮音性に配慮し、コンクリート厚さ約180〜約250mmを確保しました。

    ※厚さ約150mmはチドリダブル配筋
  • パイプスペース

    遮音効果を高めるため、排水立管は吸音材、遮音材巻きとなった配管材を使用するなど遮音対策を施しています。

  • 鋼管ボイドスラブ

    中空部分を設けることでスラブ厚に対する重量が軽くなり、剛性が高まるボイドスラブ工法。小梁のないスッキリとした住空間を創造します。

  • 二重天井

    すべての住戸内天井を二重天井とし、配管・配線のコンクリートスラブへの打ち込みを避け、この空きスペースに設備配管や配線を行うことで、将来のメンテナンスがしやすくなります。

  • Low-E複層ガラス

    複層ガラスに遮熱・断熱効果を高める「Low-E金属膜」をコーティング。冷暖房効果を高め、エアコンの消費電力量を低減します。

  • UNIVERSAL DESIGN

    フルフラットフロア

    住戸内の床段差を解消したフルフラットフロアを採用。お子様や高齢の方をはじめ、ご家族すべての方に配慮し、住戸内の床段差をリビング・ダイニングや洋室はもちろんのこと、キッチン・洗面室・浴室・トイレなど水廻りにいたるまで解消しました。つまずきによる転倒など、家庭内事故を防止するとともに、段差がないので家具類の移動やお掃除もスムーズです。(玄関は除く)

  • 最上級F☆☆☆☆の建材

    ご家族の健康や安全性に配慮し、建築基準法では最上等級のF☆☆☆☆(エフフォースター)の建材を使用。シックハウス対策を心掛けています。

    ●ホルムアルデヒドを発散する建築材料
    木材建築(合板、木質フローリング、パーティクルボード、MDFなど)、壁紙、ホルムアルデヒドを含む断熱材、接着剤、塗料など

    ※推定温度28℃、相対温度50%、ホルムアルデヒド濃度100ug/h(0.1mg/h)(=指針値)

  • 省エネルギー対策4等級 型式認定取得

    「「Livio THE KARASUGATSUJI」」は、省エネルギー対策最高等級4の型式認定を取得しています。省エネルギー基準は、年間暖冷房負荷(住宅の暖冷房エネルギー消費量)、熱損失係数(住宅構造の断熱性)、相当隙間面積(住宅構造の気密性)、日射取得係数などの項目によって省エネルギーの水準を計測し「次世代省エネルギー基準」をベースに型式認定の取得で等級4が認められます。

  • 大阪市建築物環境性能表示制度(ラベリング)

    大阪市では建築物の環境への配慮を促進するため、「大阪市建築物の環境配慮に関する条例」に基づき、一定規模以上の建築物の環境品質・性能と環境負荷の低減等に係る計画書の届出を求め、その概要をホームページ等で広く市民に公表を行う「CASBEE大阪みらい」の制度を実施しています。当物件は★★★の総合評価を取得しています。

ページの先頭へ戻る