住まう方の心を満たす、
気高き品格を纏うレジデンスを。

風格を纏い悠然と佇む造形が、
街に存在感を印象づける。

レジデンスとしてのグレードを象徴するかのような堂々たる佇まい。ファサードはガラス手摺りを中心としながら、マリオンや袖壁、スラブラインにアースカラーのタイルや吹付タイルも組み合わせて構成し、モダンで個性豊かな表情を創出しています。

外観完成予想CG

風合いを大切にし、
家族の温かさを感じるマテリアル。

3パターンのタイルを巧みに活かした外観マテリアル。1階から7階まではアースカラーを基調としたやさしいタイルを採用。8階・9階は空の青さに映えるホワイト系タイルを。またマリオンには濃いブラウン系タイルを用いて建物全体の表情を引き締めています。

人の心に響くおもてなしの
精神を貫いて、
住まう歓びを日々実感できる
舞台づくりを。

レジデンスのゆとりを感じさせる、
広やかなエントランスアプローチ。

人をゆったりとした気分でお迎えできるよう、街路に面して広がりを確保したエントランスアプローチ。両サイドには緑美しい植込を配し、品位ある邸宅の佇まいを印象づけています。

エントランスアプローチ完成予想CG

モダンスタイルのデザインが印象的な
歓待空間としたエントランスホール。

開口部から自然光が導かれる、伸びやかで居心地のよいエントランスホール。ボーダータイルや木調素材を活かしてモダンなテイストで構成し、独創的な雰囲気を創出しています。

エントランスホール完成予想CG

※掲載の完成予想CG・イメージイラストは、計画段階の図面を基に描き起こしたもので、形状・色等は実際とは異なります。外観形状の細部、給湯器・雨樋等の設備機器等は表現しておりません。植栽は特定の季節(時期)の状況を示したものではなく、竣工から一定の生育期間を経たものを想定して描いております。また、竣工時は植物の生育を見込んで必要な間隔をとって植える予定です。

TOPへ