Osaka Metro 御堂筋線。
都心エリアへダイレクトアクセス。

大阪都心の中心部を貫くOsaka Metro御堂筋線「新金岡」駅まで徒歩6分。
主要ターミナルである天王寺や難波、本町、梅田などへダイレクトにアクセス。
オンもオフも、都市を縦横無尽に躍動するアクティブな暮らしに頼もしいポジションです。

2020年住みたい沿線ランキング
関西圏3位!
Osaka Metro内では堂々の1位!

出典/SUUMO住みたい沿線ランキング2020関西

※1

Osaka MetroでNo1の乗客人員数!
大阪の大動脈を走る御堂筋線

出典/OsakaMetroホームページ(2019年11月12日交通調査日)

他路線と比較しても圧倒的本数
時間を気にせず移動が可能。

出典:Osaka Metro(2020年11月時点)

大阪の真ん中を縦に走る御堂筋線は、Osaka Metroの他路線と比べても圧倒的な運行本数を誇ります。同じく大阪を縦に走る谷町線、四ツ橋線と比べても約100本程多く、利便性の良さがうかがえます。

主要ターミナルまで乗り換えなしで楽々通勤!

天王寺、なんば、本町、梅田、新大阪などの主要ターミナルまで御堂筋1本でアクセスできるのは大きな魅力の1つといえます。毎日の通勤から休日のお出かけまで、シームレスなアクセスが可能です。

主要ターミナル駅での
乗り換えがスムーズに。

御堂筋線は大阪で初めて建設された地下鉄で、各主要エリアの中心地に駅があるので他沿線への乗り換えがスムーズに可能です。
「梅田」駅では、JR線や阪急線、阪神線、さらに地下鉄谷町線、四ツ橋線の間に御堂筋線が位置しており、どの路線へ乗り継ぐにも便利です。
また「なんば」駅や「天王寺」駅も、御堂筋線が中心に位置している為、日々の通勤から少し足を伸ばすお出かけまで、アクティブな暮らしに頼もしい快適性です。

  • 梅田

  • なんば

  • 天王寺

朝は「新金岡」駅始発で楽々通勤。
帰りが遅くなっても、御堂筋線なら
時間を気にせず帰宅。

※横スクロールで全体をご覧いただけます

出張も旅行もスムーズに。
アクティブな日々を支える快適性。

  • image
  • image

※1.御堂筋線「梅田」駅で阪急宝塚線に乗換、「蛍池」駅で大阪モノレール線に乗換
※2.御堂筋線「天王寺」駅でJR線に乗換

休日のお出かけが多彩に。
レジャースポットへは車で楽々移動。

  • ※阪和自動車道利用

※1 調査対象:関西圏(大阪府、兵庫県、京都府、奈良県、滋賀県、和歌山県)在住の20歳~49歳の男女を対象に、インターネットによるアンケート調査を実施。
2府4県(大阪府、兵庫県、京都府、奈良県、滋賀県、和歌山県)にある駅の中から「穴場だと思う街(駅)(交通利便性や生活利便性が高いのに家賃や物件価格が割安なイメージがある)」「住みたい沿線」を最大3つまで回答してもらい、その合計数でランキングを作成
本調査期間:2020年1月6日(月)~ 2020年1月12日(日)
本調査有効回答数:4,600人

※距離表示については地図上の概測距離を、徒歩分数表示については80mを1分として算出(端数切り上げ)、車分数表示については法定速度で算出(端数切り上げ)したものです。※電車の所要時間は日中平常時・通勤時のもので、時間帯により異なります。また、乗り換え・待ち時間は含まれておりません。※掲載の情報は2020年11月時点のものです。

TOPへ