Designデザイン

三国ヶ丘のシンボルへ。
おおらかな表情の暮らしのフォルム。

外観完成予想CG

街並に、優しく印象的な
フォルムを描く存在感。

全337邸というビッグスケールをコの字型の配置で、揺るぎない存在感を描き上げたフォルム。周囲の住環境との調和に配慮し、住棟は水平方向に白いスラブラインを一層置きに通し横方向に広がりのある印象を演出しました。さらに、南側の住棟の東西の妻側住戸には、下層から上層まで透明感のあるコーナーガラスを採用。軽やかな印象を描き上げました。また、バルコニー面にはガラス手すりをメインとしつつも、中間部にコンクリート手すりを挟むことで、透明感の演出と建物の水平方向への量感の分節を両立させています。建物の足元周りには常緑樹を中心に落葉樹を交え、さらにツツジなどの低木を配し、建物全景を美しく彩るファサードを形成しています。

のびやかな暮らしがはじまる舞台。

ようこそ、
暮らしの杜へ。

外観完成予想CG
ウェルカムガーデン完成予想CG

1私邸領域へ美しくエスコートするアプローチ。

敷地内には、住まわれる方だけでなく、地域の方々にも開かれた潤いのスペース、ウェルカムガーデンが設けられています。そこでは、季節を彩る豊かな植栽が陽光を受けて陰影を描き、風に揺らぐ梢のささやきにエスコートされた小径が続きます。その奥に迎えてくれるのは、格調高い建物の造形美。すべては、三国ヶ丘という緑豊かで閑静な住宅街に佇むための作法です。さあ、文教の薫り漂うのびやかな街に生まれる、ふれあい、まなび、あそび、くつろぐ、新しい暮らしの舞台へ。

アプローチイメージイラスト

2この街が誇るけやき並木の風景を
私邸へのアプローチとして美しく演出。

敷地南側からエントランスに至るアプローチに沿っては、三国ヶ丘を代表する街並景観であり、秋の紅葉の時期がひときわ美しいけやき通りの風景を受け継ぐように、けやきの並木をしつらえました。さらに、大小様々な常緑樹や低木のツツジなど、四季それぞれの彩りをお楽しみいただけます。夜お帰りの際には、美しくライトアップされたけやきの陰影がエスコートし、その奥に、住まう方を風格ある表情で迎え入れるマスターエントランスが待ち受けています。

アプローチ完成予想CG

ガーデンエントランス完成予想CG

お出迎えは、四季折々の表情で。

季節の花と緑が
潤い豊かな暮らしの
日常風景に。

利便性を考慮し、敷地北東側からもマンション内に出入り可能なガーデンエントランスを設けました。ガーデンエントランスの正面には、初夏から秋までの間、鮮やかな紅色や白系の花を咲かせるサルスベリの株立ちをシンボリックに配置。また、エントランスから風除室、さらにエントランスホールへと足を踏み入れると、ホールの奥に、UCガーデンの植栽や桜、パーゴラがなどの潤いの風景が見通せるよう、ガラスの開口部を大きく確保しています。

ガーデンエントランス
イメージイラスト
開放感に包まれるガーデンエントランス

ガーデンエントランスは、ガラス開口を広く用いることにより、一歩足を踏み入れた瞬間、植え込みやUCガーデンの緑の潤いあふれる開放感に包まれる演出を施しています。視覚だけではなくコリドーづたいに広場へアプローチできます。

SPECIAL CONTENTS

※掲載の完成予想CG・イメージイラストは、計画段階の図面を基に描き起こしたもので、形状・色等は実際とは異なります。外観形状の細部、給湯器・雨樋等の設備機器等は表現しておりません。
植栽は特定の季節(時期)の状況を示したものではなく、竣工から一定の生育期間を経たものを想定して描いております。また、竣工時は植物の生育を見込んで必要な間隔をとって植える予定です。

ページの先頭へ戻る